トップ / メソセラピーの効果を上げる

二重あごを解消する

メソセラピーの効果を上げる

自分で出来る二重あご解消体操

メソセラピーを行うことで、二重あごは確かにかなり解消されますが、二重あごの程度によっては、1回の施術だけでは十分な効果を得られずに、間隔をあけて2回、3回と施術を行わなければならなくなる場合もあります。

前述したように、メソセラピーは施術後に腫れや痛みなどの症状が出てしまうようなこともあり、数回の施術を行う際にはこういった施術後の症状が負担になってしまうことも多くなっています。1回の施術で満足のいく効果を上げるためには、施術の前後に自分で出来る二重あご解消体操やマッサージを行うことが大切です。

二重あごを解消するための体操やマッサージは、効果は高いものの方法が難しく、なかなか日常の中で手軽に行うことができないようなものも多くなっています。メソセラピーの前後に行う解消体操は、日常のちょっとした時間でできるものや、日常の生活や動作の中に自然に組み込むことが可能なものをチョイスするようにしましょう。

具体的には、固めのガムを普通に噛んで行う「ガム噛むだけエクササイズ」や、正しい姿勢で立ち、正しい状態を1分間キープするだけの「正しく立つだけエクササイズ」などが挙げられます。これらは日常のすき間時間や、家事や育児をしながら簡単にできるものばかりですので、日常の中に容易に組み込むことができるでしょう。

これらのエクササイズを行う際のポイントは、あごの下側、まさしく二重あごになっている部分である「広頚筋」や、あごの正面側に広がっている「オトガイ筋」を使うようにすることをイメージするということです。これらの筋肉が鍛えられると、筋肉の周囲には脂肪が付きにくくなり、自然と二重あごが解消されていきます。二重あご解消体操の際には、ぜひこれらの筋肉を積極的に動かしてみてはいかがでしょうか。