トップ / メソセラピーを受ける前の注意点

二重あごを解消する

メソセラピーを受ける前の注意点

痛みや腫れの症状が現れる場合も

身体への負担が少なく、手軽に小顔整形を行うことができるメソセラピー。しかし、実際に施術を行ってもらう際には、様々な注意点が存在することも頭に入れておく必要があるでしょう。

まず、顔に行うメソセラピーは他の部位に行うものとは違い、注射による影響が大きく出てしまうことがあることを押さえておきましょう。顔の皮膚はほかの場所の皮膚よりも弱く、メソセラピーの施術が終了した直後には、患部に腫れやかゆみ、痛み、さらにアザなどの症状が出てしまう可能性が高くなっています。

症状の程度は皮膚の強さや体質に起因するため一概にいうことはできませんが、施術後にほとんど大きな変化が現れない方もいらっしゃる一方で、患部が大きくはれ上がってしまうような状態になってしまう方もいらっしゃいます。

また、これらの症状がどの程度続くかということに関しても人によって様々となっており、1週間程度で全快するような方から、1ヶ月程度にわたってこれらの症状が続いてしまうような方もいらっしゃいますので、こういったことは必ず念頭に置いておくようにしましょう。

もちろん、メソセラピーを行うクリニック側もこれらの症状が出ることは分かっているので、適切なアフターフォローを行っているところがほとんどとなっています。しかし、やはりアフターフォローの手厚さに関しても千差万別なのが現状ですから、施術を行ってもらう際にはこういった症状が出てしまった場合のアフターフォローが万全な場所を選ぶようにしましょう。

また、施術後ある程度こういった症状が治まり始めてきたら、より早く全快するためにも適度に顔周りのマッサージを行うことが必要です。マッサージは施術の効果を高めることにもつながるので、適度に取り入れるようにしていきましょう。